九州の民藝

九州の民藝

日本各地の職人の手から生み出された日常の生活道具は「民藝(民衆的工芸)」と名付けられ、人々は、各地の風
土から生まれ 、生活に根ざし、用に則した「健全な美」が宿っている「民藝」から、新しい「美の見方」や「美の価値
観」を見出しました。

 

1926(大正15)年に柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司らによって「民藝」は提唱されました。彼らは物質的な豊かさ
だけでなく、失われて行く日本各地の「手仕事」の文化を案じ、バーナード・リーチ、河井寛次郎らと共により良い
生活とは何かを「民藝運動」を通して追求しました。

抱歉,沒有符合您搜索條件的產品。